うちの子、初海外がタイでした

3歳1歳を連れて2017年6月からバンコクで駐在妻をしています。

欲求を満たしてくれる趣味

f:id:tatotato1110:20180222180112j:plain

ヨガを体験するためウェアを買うところから始めました、たとたとです。

日本からタイに来る際、まさか運動したくなるなんて思いもよらなかったので、スポーツウェア類は丸ごと置いてきてしまったんです。

買い直すの勿体ないなぁと思いつつ、あまりの運動不足具合に体内で警報が鳴り響いているので諦めて購入に踏み切りました。

 

さて、最近趣味探しのためにアンテナを張り始めたのですが、そうすると情報って流れてくるものですね。せっかくタイにいるのだから色々やってみたい!と思っている人たちの情報網は侮れません。

タイマッサージ、アロマ、ポーセラーツ、クッキング、ヨガなどなど、駐在の奥様方に向けてワークショップをやっている場所は沢山あるようです。

ただ様々に情報が流れてくる中で、自分が興味を持って主体的に取り組めそうなものを探すとなると…これがまた難しい。

 

話は変わりますが、昔私がワインショップで働き始めたとき、ワインに関する知識はゼロでした。働きながら学んでいこうと飛び込んだのが始まりです。店長もそんな奴よく採用したなと思います。

毎日ワインの事ばかり考えて、飲んで、勉強して、仕事して、勉強して…どんどん分かることが増えていく過程が刺激的で、毎日が充実していた記憶があります。

f:id:tatotato1110:20180222174347j:plain

 

叶うなら、そんな趣味が欲しいと思ってしまうのは欲張りでしょうか。

英語学習も刺激が多く、知人も増えて楽しいことが多いのですが、乾いた地面が水を吸うような勢いはありません。言ってしまえば牛歩なんです。学習段階が違うのですから当たり前なんですが。

自分の中にある知識欲に気づいてから、自分の成長が見えやすいもの、知識が増えていく楽しみが得られるものを、と考えるようになっています。

それは別にタイらしくなくてもいいんですよね。日本史の参考書を読み直すのだって知識が一から入るのですからいいのかもしれませんし、簿記の教科書読んだっていいんですけども。

一緒にその過程を楽しめる仲間がいる、知識欲が満たされる趣味を探しています。

 

そんなものあるのかな。

まだまだ趣味探しは先が長そうです。

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

ベンジャロン焼きの色付け体験してきました

道端にGが落ちていても動揺しなくなりました。たとたとです。

バンコクに引っ越してきたばかりの頃は、道に落ちているGを見つけては出来る限り迂回して歩くようなチキンぶりでした。それが今では目端で確認しても一切気に掛けることがありません。それが日常。むしろネ●ミでも動揺しない鉄の心臓を手に入れました。

どこかに乙女心を置き忘れたようです★

 

さて、先日、友人と共にベンジャロン焼きの色付け体験に行ってきました。

ベンジャロン焼きとは、

タイを代表する伝統工芸品に、高級食器の「ベンジャロン焼き」があります。これは、アユタヤ時代に王族や貴族の間で普及したもので、シルクロードを経て中国から伝わった焼き物の技術を用い、タイで独自の発展を遂げました。「ベンジャロン」の「ベンジャ」は5という数字、「ロン」は色を指し、黄色・白・黒・赤・緑(青)の5色を用いたカラフルな色合いが最大の特徴です。 引用元:https://ippin.gnavi.co.jp/article-1676/

ということで、細かい柄と華やかな色合いが素晴らしい焼き物です。

それを手軽に体験できるカフェに行ってきました。

 

いやーーーー楽しかった!時間を忘れて没頭するってのを久しぶりにやりました。

焼き上がりまでは一週間ということで来週くらいに取りに行くんですが、その際にまた新しく作ってしまいそう。

 

昔ものづくりをやりたくて勉強していた頃の気持ちをちょっとだけ思い出しました。やっぱり工作したり絵を描いたりするのが嫌いになれないんですよね。

時間を忘れて没頭できるものってなかなか見つけられないので、今回のこの体験はとても運がよかったと思います。こんな一心不乱に取り組めるような趣味が見つけられるといいなぁ。

今回の色付け、またやりたいんですが、家にそんなに焼き物増やしてどうするんだって話もあるんですよね。飾り棚作るようなオシャンティな生活してないので置き場が…。趣味をものづくりにすると作品が増えざるを得ないので悩みどころです。

 

今回参考にさせていただいたブログ記事はこちら。

 

とりあえず趣味と話のネタ探しの第一歩を踏み出しました。

さぁ次は何をやってみようかな。

 

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

人の名前が覚えられない問題

パソコンのディスプレイについて熱く語るネイティブに挟まれて石化した、たとたとです。

先日はブラジル経済について語る人たちに挟まれましたが、今回はパソコン知識についてでした。日本語ですら語れないものを英語で語れるわけがない。

 

さて、あなたは初めて会う人の名前と顔ってすぐに覚えられますか。

f:id:tatotato1110:20180219181741j:plain

 

私はてんでダメです。

顔は見たことある!よく会う!のに名前なんだっけ?!が日常茶飯事。

日本人しかも幼稚園ママ同士ですら記憶が曖昧で…本当にザルな脳みそしてるなって自分でも思います…。

そこに来て、私が参加しているネイティブのコミュニティは毎回少しずつメンバーが変わります。毎回参加する人もいますが、参加できるときに参加したらOK!一回きりでもウェルカム!なスタンスなので流動的。

「あ、この人二週間前くらいに参加してた人だ」

でも名前は出てこない。

相手は私の名前を覚えてくれてるみたい。

でも名前が出てこない。

もう一回名前を聞くのは失礼なんじゃないかと考えてしまって、聞くのをためらい結局名前を失念したまま来週へ持ち越し。次の回でも同じ流れになってエンドレス。本当によくあります。ドラえもんに暗記パン貰いたい。

 

私は尋ね直すのが失礼なのではと思っていましたが、周りの会話を聞いていると、実はよく名前を尋ね直している姿を見かけます

「あなたの名前忘れちゃった~教えて?」

これくらいのフランクさです。

そのフランクさが私も欲しい。

意外と私が思っているほど名前を聞き直すのって気にされないのだと感じました。確かに私なら、聞き直されたらむしろ覚えてくれようとしてるのが分かって嬉しくなりますし。

まぁもっと気軽に聞けばいいのだと分かっても、まだ一歩踏み出せないのが私です…。聞ける時期を逸してしまった人がじわじわ増えてきました…。

 

最近では最終手段として、周りで自己紹介しあっているのを盗み聞きしてます。だってどうしてももう一回聞けないんだもの!自分のヘタレ!

…名前をすぐ覚えられる人が心の底から羨ましい。

精進します。

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

     ------------------------------------------------------------------------

       当ブログのプライバシーポリシーはこちら

     ------------------------------------------------------------------------