うちの子、初海外がタイでした

3歳1歳を連れて2017年6月からバンコクで駐在妻をしています。

上の子が入園して昼間の気分が大きく変化した話。

f:id:tatotato1110:20170728025646j:plain

先日から上の子が幼稚園に通い始めました。

最初少し泣いたりもしましたが、あっという間に慣れたらしく笑顔で幼稚園に通っています。夜寝る前に幼稚園のことを話してくれるんですが、まだ言葉が拙くて理解しきれないのでどんな生活してるんだかイマイチ把握しきれてません…でも嫌がらずにバスに乗っていくので良いのかな。

 

さて、娘が新しい環境で頑張り始めた中で、私も初めてのことに戸惑っています。

それは、下の子と2人きりという状況

今まで買い物行くにも病院行くにも必ず3人で行動していて、親にこどもを見てもらって何かする時は2人揃って預けていたので、実は下の子と一対一の状況になったことがほとんどありませんでした。

本当、生まれてすぐの入院期間ぶりくらい…?

去年1年間の夫単身赴任期間においては尋常じゃないくらい3人ベッタリ生活だったのもあり、今反動で戸惑ってます。

 

こどもが1人から2人に増えたとき、まだ寝てばかりだからそれほど負荷が増えたようには感じませんでした。

でもじわじわじわじわと荷重が増えていって、気付けば目も回るような1日。朝起きてから2人が寝付くまでが戦い。

そして今度は2人から1人に減ってみたら、ビックリするくらい楽になりました。幼稚園の間だけなのでほんの半日ですが、その楽さたるや、まるで背中に羽でも生えているかのよう

まだ上の子1人だったときはこんなに気持ちも身体も楽じゃなかったはずです。初めてのこども、初めての育児、初めて尽くしの生活はかなり大変だった記憶があります。

慣れとは恐ろしいです…今じゃ自分のこども1人だけ見るなんて屁でもありません(言い過ぎ)

トイトレも始めてないですしイヤイヤ期もまだ始まってないからこその楽さだとは思いますが、今だけの癒やしの時間を満喫していたいと思います。だってこども1人だと昼寝のタイミングがずれることもない!昼寝してる間にゆっくりコーヒーとか飲んじゃいます。幸せ。

 

ところで昼の間だけとはいえ、保育するこどもの数が減っただけで(家事の負担は変わっていないのに)気持ちがとても楽になったことに驚きました。やっぱりまるまる1日、こども2人ワンオペで居るのは結構大変だったみたいです。人ごとのようですが、渦中にいるときにはここまで負荷がかかっていたことに気づかないふりをしていました。

でも大変な時期はこのほんの数年の話。その時期の終わりが少し見えてきて、もう少しこどもとの時間を大切にしないといけないな、と感じています。

これまでは終わりが見えなくて、早く大きくなれ、早く自分の時間がほしい、と考えてばかりだったのですが、いざこどもの手が離れていく様を目の当たりにするとぽっかり穴が空いているような気持ちになったりして…勝手なものです。

かといって下の子はまだまだ手のかかる時期が続きますし、上の子だって降園後いつも通り手がかかるんですけども。ちょっと寂しい気持ちになったことを書き残しておかないと、きっと私のことなのですぐ忘れて、また早く大きくなれ~とか言ってしまうので。

下の子の入園まで、一時の蜜月を楽しみます。

 

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

ジムトンプソンの家に行ってきました

タイに来てから日々を過ごすことに必死で、観光地に行ったり旅行したりという「おでかけ」に対するモチベーションが下がっています。

週末日曜くらいしか夫の休みがないので泊りで遠出できないのも原因なのですが…。

しかし家族サービスをしたい夫の提案で、週末家族で初めて観光地に行ってきました。

 

 

ジムトンプソンの家

 

ジムトンプソンの家とは

まず、ジム・トンプソンとは、ご存じタイシルクブランド”ジムトンプソン”の生みの親。アメリカ人ですがタイシルクの普及に尽力し、タイシルクの名を世界に広めた方です。晩年はタイに永住し、マレーシアで失踪するまで住み続けていました。

そんなジムトンプソンの家は、タイの古い建築様式を取り入れた建物を6軒集めたもの。敷地内に母屋や庭師の家、住み込みメイドの家などそれぞれが独立して建てられています。

現在家屋の中は彼のコレクションであったタイや周辺諸国の古美術品などが展示され、ジムトンプソン財団が所有する私設博物館として営業されています。彼はデザイナーであり染色家であり建築家でもあったので、そのアイデアがふんだんに活かされた、タイの文化に触れることのできる場所となっています。

 

駅から歩いていくと見えてくる入口。

 

敷地内はアジア周辺諸国の文化を融合したような雰囲気でした。

 

タイシルクと繭の展示。

 

入館料は大人一人につき150バーツ。10歳~22歳は100バーツ。それ以下は無料でした。

 

写真撮影が可能なのは館外のみ。館内は撮影禁止・土足禁止です。靴と荷物は鍵の付いたロッカーに預けて中に入ることになります。

館内は日本語堪能なタイ人学生が案内してくれます。本当に日本語が上手!毎週火曜日の午前中には日本人のボランティアによるガイドもあるそうですが、彼らの語学力が高いので不便は感じませんでした。

絵画や木像・陶器・木版など多様な古美術品があり、詳しい説明も聞けるので興味のある方には結構満足感のある施設だと思います。またタイ舞踊や繭紡ぎの実演なども見られるそう。

 

ただ我が家はというと、入館後すぐに下の子が飽きてしまってギャン泣きだったため、その詳細な内容は全く聞くことができませんでした…展示品もこどもが触らないようにけん制するのに必死で覚えてません…。

展示品はガラスケースなどに入れられているわけではなく(陶器など一部除く)、またかなり近くまで寄って見ることができる仕様になっているので、きちんと聞き分けのできる年齢にならないとこどもはフリーで歩かせられないと思いました。うちは抱っこひもを忘れてしまったため1歳の子を抱きかかえるしか方法がなく、周りのお客さんにも悪くて早々に退出したのです…。

 

メイド用の家。本当は中に入って見られるようですが、余裕がなくて外から見るだけだった…。

 

 

場所

BTSナショナルスタジアム駅1番出口から徒歩約5分の場所にあります。駅近くからはジムトンプソンの家まで無料のシャトルバスも運営されています。15分おきに出ているのでタイミングが合えば乗ってみても面白いかも?(歩いて行ってもすぐです)

※1番出口はエレベーターが見当たらなかったので、こども連れの方は抱っこひもをオススメします(ちなみにジムトンプソンの家の中はベビーカーが入れない規則でした)

 

開館時間

朝9時から夕方6時まで開館しています。

うちは土曜日の朝10時に行ったのですが、その時はまだガラガラでした。でも1時間もすると外国人旅行客がわんさと来て賑わっていたので、子連れは早めの行動がいいと思います。

もしかして旅行客の方々は、中にあるレストランでランチをすることを計画に入れて来られていたのかな?

 

レストランやお土産屋もあるよ 

ジムトンプソンの家を臨みながらランチを食べられる素敵なレストラン(カフェ?)もありました。慌ただしく退出した我が家はご縁がなかったのですが、一通り館内を見て終わった後、ゆっくり休憩する方々の姿が見られました。

またジムトンプソンのショップや、展示物の写真を使用したお土産品の扱いもあります。記念にキーホルダーでも買おうかと思ったら、お財布がびっくりする価格だったので私は諦めました(庶民)

 

感想 

抱っこひもを持ってきてリベンジしたい…! 

美術館で説明聞きながら展示品を眺めるなんて、幼子に要求しても無理に決まってるんですよね。分かっていたのに考えが甘かったです。

本当なら大人だけでゆっくりと鑑賞する方が多い場所なのですから、次回は対策ばっちりにしてちゃんと説明聞きたいと思います。はぁ、もったいない。

 

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

プロンポン駅すぐのオーガニックショップ・サスティナ

バンコク生活の中でかなりのウエイトを占める食事。

我が家ではなかなかにシビアな給与の中で、食費をどの程度に抑えられるかが目下の課題です。

屋台ご飯が食べられる家庭ならそれほど悩むことはないのかもしれませんが、幼児ふたり連れの我が家は屋台ご飯を食べることに抵抗があり、自炊が基本+週末昼は外食という生活が定着しつつあります。

さて、うちではこどもも小さいし安心できるものを食べさせたいと思い、主にオーガニック野菜を購入しています。一般的にオーガニック食品って高いんですが、今回紹介するサスティナは会員になるといつも5%オフになるんです!

 

SUSTAINA ORGANIC SHOP & RESTAUTANT

販売商品 & レストラン

1階のサスティナ・オーガニックショップでは、無農薬有機農法で栽培したお米、野菜、果物、卵などを中心として、エコ製品や化学調味料を使用しないお惣菜・天然酵母のパンやケーキも扱っています。うちはよく大福を買ってます。あんこが美味しくてつい。

野菜は、グルメマーケットの品揃えには負けますが、日頃ちょい買いするには十分な商品数が並んでいます。野菜だけちょっと買いたいな、というときに気楽に寄れる店のサイズ。

2階にはレストランもあるのですがまだ行ったことがありません。どんな雰囲気なのか行ってみたいですね~。

 

サスティナメンバー登録について

メンバー登録すると、5%割引で店内商品を購入することができます!(一部キャンペーン商品や特価商品は対象外)

またお得情報の載ったニュースレターが自宅に届くようになるそうです。

登録は店内レジにて。年会費が100バーツかかります。

 

お店の場所

スクンビットソイ39の1本横の通りにあります。プロンポン駅からエムクオーティエ側に降りて、イムちゃんのお店の裏のあたり。

(1/40, Soi Sukhumvit 39 Sukhumvit Rd, Klong Tun Nua, Wattana, Bangkok)

 

開店時間

オーガニックショップの開店時間は9時半~20時半です。

早めに行くと人気商品のお弁当があったり、夕方16時以降に行くと一部商品の値引きがあったり、便利な立地なので気軽にのぞけるのも嬉しいポイントですね。

 

デリバリーもやってます 

右はサスティナの会員証です。

細かくて見にくいのですが、商品リストです。これだけたくさんあるのに載っているのは一部なのだそう。全商品のリストはまた別で用意があるそうなのでお店のスタッフに聞いてみてください。

 

うちの場合

うちの最寄り駅がプロンポンなのもあり、結構お世話になってます。

フジやTOPSに行く前にフラッとお店をのぞいたりして、他のスーパーと使い分けつつ、お得にオーガニック商品を購入しています!…ついつい値引きになった大福買っちゃったり、予定のなかった惣菜買っちゃったりして、果たして本当にお得に買い物できているのかどうかは疑問もありますが…

ちなみにお店の前はシーローやモーターサイの行き来が多く、こどもを連れて歩くと怖いことも。また屋台で炭火の焼き台を出していることもあるので、手をつないで歩かれる方はお気を付けください。

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

     ------------------------------------------------------------------------

       当ブログのプライバシーポリシーはこちら

     ------------------------------------------------------------------------