うちの子、初海外がタイでした

3歳1歳を連れて2017年6月からバンコクで駐在妻をしています。

バンコク下見旅行③〜3日目〜

さて、下見旅行も3日目です。

この日は観光ばっかりだったので写真が多い!

朝から晩までがっつり観光でした。

 

ワット・トライミット

まずはMRTフアランポーン駅至近のワット・トライミット(黄金仏寺院)へ。

ヤワラート(中華街)に近い寺院とあって、観光客も多い多い。

写真右のお坊様から腕にミサンガのような紐をつけていただきました。

切れるまで着けておくらしいんですが、まだまだ切れる気配がありません…。

こちらはこの寺院名物の仏像。

その昔、廃寺の取り壊しの際に仏像を運び出そうとしたところ、漆喰が剥がれ、出てきたのがこの金ピカの仏像だったのだとか。

いわくも神秘的でゾクゾクきますね。

神々しい…今もピッカピカです。

 

100バーツ喜捨して謎の水を頂きました。

なんだか飲むのもためらわれて、今はコンドの棚に飾られてます。

 

和成豊で昼食

そのあとはバンコクの中華街、ヤワラートに移動して昼食をとりました。

ヤワラートの門(?)。 

 

有名店、和成豊です。 

飲茶を注文すると、今すぐ出せるものを全部見せてくれます。

調子に乗ってあれもこれもお願いしたらこんなありさま。

食べさし失礼。麺類もおいしい。

フカヒレが有名だということを帰国してから知りました…。

渡タイしたらリベンジします。

 

ワット・ラカンでお参り

お腹が満たされたらチャオプラヤエクスプレスに乗って移動。

いいお天気ー!

安いラインに乗ったらお客さんでギューギュー詰めでした。

 

船を乗り継いでワット・ラカン(鐘の寺)へ。

境内の土の中から鐘が見つかったためそう呼ばれているそうです。

 船の停泊場所は鳩だらけ。

ここはどちらかというとタイ人の参拝客が多いお寺です。

皆様熱心に拝んでおられました。

また、王宮が近いためか、礼服で正装された方も多かったですね。

 

鐘の寺の名の通り、境内には鐘がたくさん並んでいました。

ぶら下がっている棒でひとつひとつ鐘を鳴らし、煩悩を払うのだとか。

ひとつひとつ音が違って、大きさもいろいろな鐘が並んでいるのを見るだけでも少し厳かな気持ちになりました。

 

アジアティークで観劇三昧

またチャオプラヤエクスプレスに乗って、今度はアジアティークへ向かいます。

早めに着いたのでナイトマーケットというにはまだ明るいですね。

 

タイスキを食べている間に日が暮れてきました。

巨大な観覧車。

回転スピードが速く、風景見てても全体を見きらないうちに回ります。

でも2回転してくれるのでもう一回確認できますよ。笑

 

アジアティークでの個人的目玉はムエタイショーです!

ショーの間は写真禁止なんですが、試合はOK。

笑いあり感動(?)ありのエンタテインメントでした。

マッスルミュージカルってこんな感じかな。

体を張ったショーなので結構ハラハラしながら観てました。

でもたくさん笑って明るい気持ちになれるショーです。

 

ショーをハシゴしてお次はカリプソのニューハーフショーへ。

美しい人は女より美しい!!

自分を考えると反省しきりです。

女性らしいって何だろう?と考えてしまいました。

美しさ・セクシーさって自己研鑽のたまものですね。

 

アジアティークからは奮発してタクシーで帰ってしまいました。

カリプソ第二部は終わりが遅く、疲労でヨレヨレだったんです。

 

しかし朝からBTS、MRT、赤バストゥクトゥク、チャオプラヤエクスプレス、タクシーと、バンコク乗り物博みたいな1日でした。

あとはシーローだけですが、これはもう初日に乗っているのです。

これでどこにでも行ける(?)ようになりました!

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

     ------------------------------------------------------------------------

       当ブログのプライバシーポリシーはこちら

     ------------------------------------------------------------------------