うちの子、初海外がタイでした

3歳1歳を連れて2017年6月からバンコクで駐在妻をしています。

タイ人は乳幼児に優しいってホント?

ご無沙汰しています。たとたとです。
Twitterでは生息しているんですが、なかなかブログに戻ってこれませんでした。
日々新しい場所に出かけて発見の毎日☆…みたいなことは全くなく、ただただ徒歩圏内で生活をこなすだけで精一杯の日常を、ブログに落とし込むところまで持っていけなかったのです…。

タイに来てからというもの、これまで昼寝をしなかった上の子も、毎日昼寝しても夜も寝れるという健康優良児ぶりであっさり寝てくれるので、私も一緒に昼寝も夜寝もしちゃってます。
ちなみに一日で外出するといえば、午前中に徒歩圏内のスーパーに買い物に行くのと、夕方にコンドミニアム内のプレイスペースに遊びに行くくらいしかしてません。でも暑さも手伝ってか、うちの子がよく寝てくれるのでタイ育児悪くないです。

タイ人こども好き説

タイ育児といえばよく言われるのが、タイ人はこども好きが多いから乳幼児の育児がしやすい!という話。
確かにこちらでは、こども好きが多い(というか、それが表情に出る人が多い)印象です。
抱っこひもと手繋ぎで2人連れて歩いていると、こちらを笑顔で見てくる人の多いこと多いこと。おばさんおじさん老若男女関係なく、通りすがりに話しかける、手を振る、腕をつつかれるなどなど。
見ているこっちが笑顔になっちゃうくらい、うちの子を見て嬉しそうにしてくれて、これは確かに日本で育児していたらなかなか経験できない事だなぁと思います。

例えば外食するのも、日本だとなんだか居心地悪くてせかせかと食べてしまっていたんですが、今のところ居心地悪かった店はありません。
タイ全土で展開するファミリーレストランのS&Pで食事をした際には、おそらくフロアのスタッフが全員入れ代わり立ち代わりうちの子を見に来てました。帰るときには全員で笑顔のお見送りまで。どんだけ暇なんだ!笑

タイだとのびのび育児できるかも!

日本は乳幼児連れだと居心地悪い場所が多いので、そういう意味ではタイはかなりこどもに寛容なのかな。
こども連れてていいんだと思えますし(連れてていい、なんて考えてしまうのには違和感があるんですが)日本でもタイでもワンオペ育児やってますが、普通に道を歩いているだけで子育て肯定してもらってる気がして、同じワンオペでもだいぶ違いますね。こう…窮屈な感じがしないというか。
それに多くの駐在員が住むコンドミニアムは、キッズルームがあったりプールがあったりするので「ちょっとこどもを遊ばせに行く」ことのハードル低いのも助かります。おかげで引きこもらずに居られるので。

こどもがこの年齢のタイミングでタイに住むことができたのは何かの縁!
道を歩くだけで笑顔を向けてもらえる国で生活していれば、おのずと自己肯定感が高くなるのでは、と期待しています。私は自己肯定感がとても低いので、どう育てれば高くなるのか分からず悩んでいたんですが、タイなら臆せず何とかなるかも…。
どうか夫のように自己肯定感の高い人に育ってほしいなぁと思います。


↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

     ------------------------------------------------------------------------

       当ブログのプライバシーポリシーはこちら

     ------------------------------------------------------------------------