うちの子、初海外がタイでした

3歳1歳を連れて2017年6月からバンコクで駐在妻をしています。

世の中知らないことばかり。

f:id:tatotato1110:20180213162330j:plain

子供から副鼻腔炎貰って鼻水だらだらのたとたとです。

バンコクの空気がここ最近目に見えて汚くて「空気悪いね~」が挨拶のようになってますね。これは日本人だけじゃなくて在住者は皆思っているようで、先日もアメリカ人の女性が嬉々として買ってきたマスクを見せてくれました。パッケージの表は英語なのに裏面の使い方はすべてタイ語で書かれていて「Oh...」ってそのテーブル全員同じ表情してました。皆さん感情表現が豊かで素晴らしい。

 

さて、英語で話をするときに話題がないんだよ、という話を以前ブログに書きましたが、依然として私の大きな悩みになっています。

ずっと黙って聞いていると話を振ってくれる方もいるんですが「ブラジルについて日本人の君はどう思う?」と急に振られても「…サッカー?」くらいしか出てこない残念な知識。貧相な語彙の中から何とか話をしてみても、こりゃ見当違いな答えになっているんだろうな、と伝わってくる空気。そんな日はいつもの倍以上疲れたような気分になります。

私はこれまで日本で積極的に海外の情報に目を向けていなかったので、海外の基本的な情報すら知らないことの方が多いと思います。タイだって来ることが決まってやっと場所を知ったくらい。世界史だって不得意科目だったのであんまり知識がありません(日本史もね)

しかし海外の方は結構日本の事も知識として知っていて、

「日本の出生率って1.4%だったよね?(確認)」

「え、あ、それくらいだったかな?(不安)」

とまぁなんとも情けない限りです。日本の事すらあやふやで恥ずかしい。妊娠出産で引きこもっていたからと言ってもこればっかりは言い訳になりませんよね。これまでの人生やり直せるなら是非中学生に戻って歴史の勉強からやり直したい。

 

今、子供を連れたママではなく、英語勉強中の一人の日本人として接してもらえる幸せな環境にいるのに、これじゃいかんだろと頭の中で警報が鳴りっぱなしです。でも世界史から全部やり直してたらいくら時間があっても足りないじゃん!!

 

というわけで今は、子供に読み聞かせるために書かれた洋書を買ってきて読もうとしています。

子供向けに書かれてるから英文がそこまで難しくない!ベッドタイムストーリーだから一文も短い!これなら読めるかも!

その内容は、歴史上の偉人たちの人生を短くまとめたものです。これなら世界史を一からやるよりとっかかりやすいし、話のネタにも出来るかもしれないな~と。そしていつか子供が世界史に触れるくらい大きくなった時に、どや顔しながら「これも読んでみたらいいんじゃない?」って手渡すイメージまでしました。積ん読にしてる場合じゃない

読んで分かりにくいところがあったら、本を持って歩いてその国の人に聞いてみたいと思います。話のネタにもなって一石二鳥!

 

しかし、英会話を勉強し始めたはずなのに、常識とされるような知識の不勉強さを猛省する毎日なのは何なんでしょう。とりあえず知っていて損することはきっと無いので、好き嫌いせずに勉強しないとな、と思っています。 

 

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

     ------------------------------------------------------------------------

       当ブログのプライバシーポリシーはこちら

     ------------------------------------------------------------------------