うちの子、初海外がタイでした

3歳1歳を連れて2017年6月からバンコクで駐在妻をしています。

Don't think, FEEL !

ブルース・リーの名台詞から始めてみました、たとたとです。

f:id:tatotato1110:20180228163046j:plain

英会話の先生とのやりとりを一人で反芻していたらタイトルのセリフが頭に浮かんできました。

まぁ映画見たことないんですけども。

調べてみると、このセリフの後にまだ文章が続いていました。すごく心に刺さったので転記します。

Don’t think. feel!

It’s like a finger pointing away to the moon.

Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.

なんとなく訳してみると、

考えるな、感じろ!

それは月を指さしているようなものだ。

指に意識が行っていては天上の栄光は得られないぞ。

細かいことは置いておいて、こういうニュアンス。まるで今の私に言われているようです。

 

私がお世話になっている英会話の先生は、書き言葉ではない、コミュニケーションとしての英語を熱心に教えてくださる先生です。

簡単に言えば、少々間違ってても通じるから喋る!という姿勢を持つように指導してくれるんです。

多くの日本人が読めるし書けるのに話せないという問題を、先生なりに真剣に考えてくださっているのだと私は感じてます。いつもお世話になっております。

 

さて、当の私はと言いますと、最近輪をかけて自分が話したいことが英語にならない悩みに頭をかかえてます。

なんて伝えればいいの?!何ていう単語を使えばいいの?!と考えてばかり。

コミュニケーション相手は目の前にいるというのに、自分の頭の中と相談してばかりです。おかげで口数も増えず…悪循環。

先生には「もっと気軽に!まったく日本人は勝手にプレッシャー感じて完璧な文章しゃべろうとするんだから!」と毎回言われてます。

はい、おっしゃる通りです。

コミュニケーションなのだから、うまく言えないなら単語でもいいから言葉を尽くして伝えれば分かってくれるんですよね。言葉が出なければスマホでイメージ検索してもいいし、ボディランゲージで伝えてもいいし。

目の前にいる相手を見て話す、それが基本なのに、ついつい自分の頭と喋ってばかりでした。

 

指先の出来ないことばかり見ていては、夢の月へはいつまでも行けない。英語で友人とスラスラ喋るなんて夢は叶わない。

自分の頭の中で考えてばかりいないで、相手の顔を見て相手の気持ちを感じて話すこと。先生にまた思い出させてもらいました。

私はまだまだ修行が足りません。押忍!

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

     ------------------------------------------------------------------------

       当ブログのプライバシーポリシーはこちら

     ------------------------------------------------------------------------