うちの子、初海外がタイでした

3歳1歳を連れて2017年6月からバンコクで駐在妻をしています。

国際色豊かなオフ会

突然ですが、友達出来ました!

f:id:tatotato1110:20180302184212j:plain

私は毎回会うたびに、言いたいことの70%も伝えられてない、と凹んでいたのですが、たどたどしくも頑張っているのが良かったらしく、いつの間にか友達に認定されていました。頑張って通って良かった。

新しいメンバーに私を友人だと紹介してくれて(しかも頑張り屋なんだよ!とかポジティブワードを付けてくれる)嬉しかったです。

拙いながらも頑張ってて良かったー!とその日1日ご機嫌で過ごせました。次はお互い子供連れて遊びに行くのが目標だ!(同じく幼児持ちなので)

 

さて、日本人以外の友人第一号が出来たところで、私の古い友人(イタリア在住)にイタリア人の友達をどうやって作ったのか聞いてみました。

日本人以外は出会いアプリ(語弊あり)を介して知り合った友達ばっかりだよ。

今回私に友人が出来たのも、出会いアプリ(語弊あり)を利用して集まったConversation Groupに参加していたからです。イタリア在住の友人も同じ方法で友達を作っていたんですね!

f:id:tatotato1110:20180302184519j:plain

実はバンコクに来て、いわゆるオフ会というのが人脈を作るのに非常に有効であることを体感しています。

今回の出会いアプリもそうですしfacebooktwitter、ブログを仲介して知り合った人、かなり多いです。

一昔前だと、顔も人となりも分からないから危ないよと言われ、インターネットを介して知り合うことは禁忌の雰囲気さえありました。実際今でもそういう事件は後を絶ちません。

しかし、インターネットやSNSを上手に使うことが出来ると、自分の可能性を広げられる素晴らしいツールになるんですね。

実際に会わずに話し相手を探すサイトや、語学勉強をしたい人同士を繋げるSNS、今回のように同じ目的を持つ人たちが知り合うためのアプリもあります。無料通話アプリも沢山あるので海外の人とも無料で話せちゃう。良い時代です

 

日本にいると英語を話す機会がない!と嘆いていた自分が恥ずかしい。

世の中がどれだけボーダレスになっていっているか知りませんでした。

バンコクという街だからこそ、国際色豊かな人たちが集まりやすいという特性はあると思います。でももし数年後日本に帰っても、インターネットを上手に利用して、気軽に語学勉強をしたり国際交流をしたりするフットワークの軽さは持っていたいなと思います。

とりあえず今回の友人第一号は、私の貴重な一歩目。長く付き合っていける友人になれるといいな。

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

     ------------------------------------------------------------------------

       当ブログのプライバシーポリシーはこちら

     ------------------------------------------------------------------------