うちの子、初海外がタイでした

3歳1歳を連れて2017年6月からバンコクで駐在妻をしています。

アロマテラピーってなんじゃらほい

オシャレに縁がない生活をしています。たとたとです。

肌が弱くて使える化粧品が少ないのに加えて、タイの気候であっという間にメイクが崩れるのでこちらに来てから化粧がどんどん薄くなっていってます。

そして金属アレルギーがあり、ほぼアクセサリーをつけません。 可愛いチープなものは軒並みアウト…。

おかげで見た目に全然気を遣ってない感じに進化中です。

さすがに30代でこれはあんまりじゃないかと思い、何かないかと探してみたら、タイはハイクオリティなアロマブランドが沢山あるんですねー。

私は詳しくないのですが、日本で買うと高い(らしい)ブランドがそこら中に見られます。スパやマッサージに行ってもどこも素敵な香りを焚いてます。

せっかくタイにいるなら香りでおしゃれを楽しむのもアリなんじゃない?!

f:id:tatotato1110:20180308211117j:plain

でもちょっと調べてみると、どうやら妊婦さんや子供には禁忌のハーブもあるみたい。我が家の子供たちに良くない香りを家で焚くわけにはいきません。


というわけで(前置きが長い)、先日、アロマテラピーのワークショップに参加してきました。

お伺いしたのはSEAPJAさん。

BTSトンロー駅至近の場所でアロマに関するワークショップを開催されています。

今回参加したのはメディカルアロマテラピーの基礎講座。

アロマテラピーって何ぞや?というところからお話を伺うことが出来ました。

もちろん子供や妊婦さんに良くない成分についても簡単に説明していただけましたよ!

 

アロマテラピーとは芳香療法と言い換えられ、簡単に言うと自然の植物の力で身体の不調を改善しようとするものです。

植物から抽出した純度の高いエッセンシャルオイルを使用し、ハーブの本来持つ力で病気や精神面の不調を改善に導きます。

ハーブによっては抗菌、抗ウイルス、抗感染、肌トラブルの改善や抑制などなど、効果も様々。強い効果を持つものもあるので安易な利用は勧められないそうですが、体調に合わせて自分でコントロールすることが出来ればこれほど心強いことはありません。

f:id:tatotato1110:20180308230058j:plain

ワークショップの内容詳細は割愛しますが、めっちゃ面白かったです。

アロマテラピーの簡単な歴史からエッセンシャルオイルの使用方法、購入時の注意点など、アロマ知識ゼロの私にも分かりやすいワークショップでした。

まぁ一番の学びはラベンダー系の香りが軒並みダメだったことかな★

ちなみにラベンダーは、リラックス効果があるだけでなく免疫力向上や抗ウイルス効果もあるハーブで多用途に使える初心者向けのアロマです。残念すぎる…。

 

ワークショップの終わりには自分の目的に合わせたアロマルームスプレー作り体験も出来ました。

ハーブの持つ効果や香りの好みを調節しながらいくつものエッセンシャルオイルブレンドして作ります。

私は子供が少し呼吸器が弱いので抗菌・抗感染効果のあるスプレーにしてみました。香りも良いし、これから使うのが楽しみです。

 

今まで全くハーブやアロマに関する知識がなかったので、とても得るものの多い時間を過ごすことが出来ました。

こちらでは他にもハーブティーの講座なんかも開催されているので、せっかくだしもう少しハーブについて知識を得たいところです。

もしご興味がある方はぜひSEAPJAさんのサイトをご覧ください。

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

     ------------------------------------------------------------------------

       当ブログのプライバシーポリシーはこちら

     ------------------------------------------------------------------------