うちの子、初海外がタイでした

3歳1歳を連れて2017年6月からバンコクで駐在妻をしています。

相互学習アプリHelloTalkを使ってみた

まだ盗難事件の傷を引きずっています、たとたとです。

疲れが取れません!

事件自体が非日常的な体験であること以上に、事件後の対応もろもろでいつも通り過ごせなくなっているのが効いています。

鍵の付け替え、スペアキー作成、エレベーターに乗るための鍵の再発行、キャッシュカードの再発行、財布購入、バッグ探し……。

これに携帯やクレジットカードを紛失していたらどれだけ大変だったことか。想像するだけでうんざります。本当に今後気を付けて生活しないと。 

f:id:tatotato1110:20180312012325j:plain

まぁそんな疲労を引きずっていてもやってみたいことはやってみる、無駄に高い行動力。

語学学習者同士をつなぐアプリHelloTalkを始めました

Twitterで私と同じく英語を勉強している友人に教えてもらい、早速いろんな国の人と交流をしています。オーストラリア人と日本語で、シンガポール人と英語でメッセージ。とっても興味深いアプリです。

今日はその概要とおすすめポイントをご紹介します。

あ、別にこのアプリの回し者じゃないですよ。ごくごく普通に使ってみて良かったのでシェア!

f:id:tatotato1110:20180312012927j:plain

アプリの概要

HelloTalkとは、自分が学びたい言語をネイティブスピーカーに教えてもらう代わりに、自分も人に母国語を教えるという相互学習のアプリです。

例えば、日本語ネイティブで英語を勉強中の人と、英語ネイティブで日本語勉強中の人をつないでくれます。

交流方法はテキストチャット、音声チャット、通話、ビデオ通話など多岐に渡り、お互いコミュニケーションを取りながら学習を進められる、画期的なアプリ。

しかも無料です!(重要)

利用方法としては、アップルストアやプレイストアでダウンロードして登録するだけ。

あとは良さそうな相手を見つけてコンタクト取りましょう。

 

使ってみた感想とおすすめのポイント

このアプリ、日本語学習中の利用者もとても多く、レスポンスのスピードも速いので非常に快適です。条件の合う相手が見つからなったり、返事がいつまでも来ないストレスが少ないですね。

またつぶやき(上限1000字)を書くと、コメントがついたり文法チェックをしてもらえたりします。毎日日記を書いてネイティブにチェックしてもらう、という学習法を取っている人もいました。

勉強中の言語でアウトプットをしたらネイティブにチェックしてもらえるなんて、最高の学習法だと思いませんか。

しかもそのつぶやきはテキストだけではなく音声での記載も可能なので、発音などもバッチリ確認してもらえますよ。

もちろん自分も日本語学習中の人へコメントを書いたり。その中で自分の母国語の難しさを再確認しました。日本語って本当に難しい言語ですね…。

そして何よりこのアプリの何が良いって、人への思いやりが感じられて心地いいんですよね。みんな勉強中の人たちなのでお互い頑張ろうね!という優しい空気が流れている気がします。

 

まとめ

私は以前Instagramで英語日記をつけていたのですが、毎回写真を付けなければいけないのが面倒になって止めてしまいました。表現が正しいかどうかを見てくれる人も居なかったので、やる意味を見出せなくなったというのが本当かもしれません。

でもHelloTalkなら文法も表現もネイティブにチェックしてもらえるので、まだまだ未熟なアウトプットの良い練習になりそうです。

個別でメッセージをするまでしなくても、ちょっとつぶやくだけで多くの人の目に触れるので、少しずつアウトプットを習慣化していこうと思います。

このアプリを教えてくれた友人に感謝!

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

     ------------------------------------------------------------------------

       当ブログのプライバシーポリシーはこちら

     ------------------------------------------------------------------------