うちの子、初海外がタイでした

3歳1歳を連れて2017年6月からバンコクで駐在妻をしています。

愛される存在であるという認識

週末はちょっと買い物に行くだけで半日がかりです。たとたとです。

家族での移動の際、以前なら4歳娘は歩き2歳息子はベビーカー移動でした。しかし最近息子の体力がついてきてベビーカーの出番が減っています。

いっぱい歩かせないと昼寝してくれないので苦渋の決断でした。

そのため夫が仕事の週末は私が一人で二人の手を引いて歩きます。これがめちゃめちゃ移動に時間がかかるんですよね~。

f:id:tatotato1110:20180306155215j:plain

息子の歩くスピードがゆっくりなのは当たり前ですが、道端ですれ違う人たちに挨拶されたり笑いかけられたりつつかれたり。タイの皆さんに可愛がられて嬉しいことだけど、暑さも手伝って目的地が果てしなく遠く感じます…。

しかもちょっと買い物しようものなら二人揃ってその荷物を持ちたがる。毎回ひと悶着やります。慌てて袋を分けたりして事なきを得ますが、その後も荷物を引きずりそうになる息子を注視しつつ歩くので行きより大変。

もちろん帰り道もタイの皆さんに挨拶されながら歩きます

結果午前中がちょっとの買い物で終わってしまうこともしばしば。

子供の体力はあまり削れてないし自分の体力は底を尽きるしで、その日の午後の難易度はUP。なかなかにハードです。

でも4歳2歳の可愛い時期は今だけなので、余計な予定を入れたりすることなく、いつものんびり過ごすことでストレス回避に励んでいます。いつまで手をつないで歩いてくれるのかな~。

 

さて、子供を連れているともれなくタイの皆さんの笑顔を拝見する機会が増えるんですが、これって見ていてとても幸せな光景なんですよね。

子供たちも何となく自分が愛される立場にあることを分かってきている気がします。その場に居るだけで存在を認めてもらえるなんて素晴らしい。

私は自己肯定感低いので子供達には是非ともこのタイで自己肯定感を育んでいただきたいと思います。

f:id:tatotato1110:20180319004355j:plain

ただ、愛されているのが分かっているだけに、近頃娘は外に出ると母親の言葉が届きません。

特にグルメマーケットで。

店員さんの所にすっ飛んでいけば、私に四の五の言われる前に試食をさせてもらえるのを知っているんですよ……。

食い意地の張った娘です。ちなみに息子もそんな姉の姿を見て真似して貰いに行きます。食い意地の張った姉弟です。恥ずかしい。辛い。

……自己肯定感が間違った方向に進まないようにしないといけないなと感じてます。母親業頑張ります。

 

↓↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

     ------------------------------------------------------------------------

       当ブログのプライバシーポリシーはこちら

     ------------------------------------------------------------------------